続 ポポちゃん王国

18歳と17歳で共に虹の橋に旅立ったコザクラインコの 初代「ポポ」と
ボタンインコの「ぷく」夫妻が創ったラブバードの王国。

世代交代しながら、今も楽しく暮らすラブバ達の日常物語です。

(画像はクリックすると大きくなります。)

2015年08月

真夏の出会い

新しい出会いがありました。 ('▽'*)ニパッ♪

8月14回(金)、

この日、私は、旧盆で、父のお墓参りに横須賀に行ったのですが、

ナント、京急線が、神奈川新町でポイント故障とのことで

川崎 - 横浜間が不通となっていました。

品川 - 川崎間は動いてはいるが、途中ノロノロ運転になる可能性がある為、

横浜から先に行く場合は、品川でJRに乗換えて下さいとの案内があり、

えらく遠回りしながらも、なんとか無事、お墓参りをして来ました。

しかし、、、

墓参りを済ませても、京急線はちっとも復旧しない・・・

どこかで時間を潰さなきゃ!と思い、

久しぶりに(4年ぶりぐらい)実家の近くの「ペットファーム イケダ」(旧 池田牧場)でも行って、鳥さんや、ワンちゃん、ネコちゃんでも見てこようと、東京とは反対方向に向かいました。

そして、、、、

出会ってしまったんです。

IMG_0418-1

メメの赤い真っ白なコザたん、、、

真っ白なボタンインコは見たことがあるのですが、

アルビノ 真っ白なピュアホアイトのコザクラインコの実物は初めて見ました。

IMG_0419-1

こりゃ、連れて帰るしかないっしょ!

でも、ラブバの一人暮らしは可哀想なので、

お隣のブラケースに入っていた チビッコノーマルのコザたんも一緒に連れて帰ってしまいました。

年齢がアルビノ  ピュアホアイトのコの方が1ヶ月早いとのことで、別々のプラケースに入っていたのですが、

ふたりは、ケースごしでしたが、ずーっと顔を見合わせ、くっついて眠っていました。

ノーマルのおチビちゃんは、まだまだ差し餌が必要ですが、

アルビノ  ピュアホアイトのおチビちゃんは、すっかり ひとり餌になっていました。

IMG_0417-1

IMG_0404-1

ただ、このアルビノ  ピュアホアイトのおチビちゃん・・・・

既に、ショップで 風切り羽を バシッと、切られていて、、、

これから長い期間、美しい真っ白な風切り羽を見ることが出来ないのと 

鳥さん会でも、みんなと一緒に飛び回ることが出来ないのが可哀想です・・・

あんなに キリキリに短く切らなくてもいいのにね・・・(p_q*)シクシク 

IMG_0407-1

IMG_0409-1

名前は、アルビノ ピュアホアイトのコが シオンちゃん、
ノーマルのコは 
モミちゃん


お盆で父のお墓参りに行った日に出会ったことと、

たまたま 京急線がポイント故障で復旧に時間がかかっていて、すぐに東京方面に戻れなかったこと、

そんな偶然も重なり出会った

「シオンちゃん」と「モミちゃん」に、不思議なご縁を感じました。

IMG_0402-1
早く一緒に遊びたいな。(ポポ&ププ、 ピクリ)

IMG_9265-1
ドキッとするぐらい綺麗だなー。(りんご)

病院 行って来ました。

IMG_0366-1

IMG_0372-1

先週の夜 気づいたですが、

りんごちゃんが右目を瞑っていることが多く、そういえば、あまり動きたがらない・・・

抱っこして、おメメをよーく見せてもらうと、ゴムパッキンのような白枠のところが少々赤くなっています。

ご飯はいつも通り、よく食べていました。、

風邪でもひいたのかなあ、、、鼻水は出ていない様子だけど・・・ 

それでも気になり、横浜の病院に予約を入れたのですが、

病院に行く前日ぐらいから、右目の赤みは取れてきて、

なんとなく、元気も出てきたし、

「もしかして、治ったかも・・・」と思いながらも、せっかく予約を入れたし、

りんごちゃんも赤ん坊の時に健康診断に行ったきり、

10年以上、病院にはかかっていないので、

何でもなければ健診してもらえばいいや、、!と思い、そのまま連れて行きました。

病院予約当日の8月7日、

折しも この日の東京、今年一番の暑さ 37.7度を記録。

体温より高い酷暑の中、りんごをキャリーに入れ連れて行ったのです。

病院到着後、待合室で、

この暑さの中キャリーに入って来た りんごちゃんを気遣い、

お水のお取替えをしようと、キャリーに手を入れた瞬間、

りんごっちったら、やってくれました!

私の手とキャリーの出入口のほんのわずかの隙間から飛び出してしまったのです。

幸い、病院の玄関口は閉まっていたのと、

気の小さい&ウルトラ怖がりの りんごっち、、、

飛んだはいいが、知らない場所なので、飛びながらも怖かったのでしょう。

思いっきり、私の胸元にヒシっと飛び込んできました。

それで、何事もなかったように捕まえることができ、数秒でキャリーに戻せたのですが、

お陰さまで、看護師さんにも先生にも

Mitsukoママは 怒られてしまいましたよ。(TДT)


肝心の病状なんですが、

目には異常がなさそうで、様子見ということになりました。

とりあえず、ホッとしたのですが、

りんごちゃんも10歳を過ぎたので、健康には気を付けてあげなきゃね!

IMG_8896-1
病院で暴れてきたんですって?(ピクリ)

エヘッ! (りんご)

IMG_9027-1
僕、ピクちゃんと離れて、ひとりでどこかに行ったことないんだもん、、、(りんご)

私なんか全然大丈夫よ!(ピクリ)

IMG_9014-1
オメメの具合はどう?(ピクリ)

大丈夫だよー (りんご)

IMG_9551-1
Mitsukoママがお外に行ったら大人しく、良いコにしていなきゃダメだって。
(左から、ププ、ほっぺ、プッペ)

IMG_8930-1
僕はいつでも良いコにしてるよ! (ポポ)
記事検索
ブックマーク&RSS登録
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ