79fc08d1.jpg

ぐりん兄さんが旅立ちました。

2014年9月5日(金) 眠るように亡くなりました。18歳と8ヶ月でした。

ふ~、、、

もう18歳半を過ぎた年齢だから、いつ逝っても仕方が無い・・・と、それなりに覚悟はしていたのですが・・・やっぱり、かなりショックです。

正直、ぐりん&くりん兄弟では、両目白内障の上、斜頸になって歩行もままならなくなってしまった  くりん君の方が先に逝くのだろうな・・・と思っていたので、ぐりん兄さんとの突然のお別れは、喪失感が大き過ぎます。

8aca58fb.jpg

b2b794c1.jpg
2004年2月11日「鳥さん会」にて


ご飯が大好きだったぐりん兄さん、

最後は、何も食べられなくなっていたので、抱っこして、シリンジでお水をあげると、少〜し飲んでくれたため、流動食も作って口元に持って行くと、ゴクリと食べてくれました。

そして、そのままMitsukoママの手の中で旅立って行きました。

とても安らかなお顔でした・・・

ご飯を含んだまま逝くなんて・・・ぐりん兄さんらしいな・・・なんて泣き笑いしながら、

最後までカッコつけて、カッコ良く逝きましたよ。


7765b9e9.jpg
10年前、2004年3月10日 かつての王国、
「くりんちゃん」以外全員いなくなってしまいました・・・
懐かしいやら、悲しいやら・・・



本当は、いろんなこと考えてしまう。

ぐりん&くりんは、故ポポ爺&ぷく婆の子供で、全くの「荒」育ちでした。

とは言え、王国の連中の中で育ったし、若い頃は「鳥さん会」にも何度も連れ出したので、人間が嫌いなわけではありませんでした。

ただ、当然、他のコ達に比べると、異常に怖がりだし、知らない人がいると、とてもビクビクするぐりん&くりんでした。

ぐりん兄さんは、8月末ぐらいに、おそらく、、、人間でいうところの脳梗塞とか、、なのかな・・・

突然、止まり木から下に落ち、それから、左足が全く動かなくなってしまいました。半身不随みたいな状況だったのでしょうか。

すぐに病院・・・と思ったのですが、

18歳と8ヶ月のウルトラ怖がりの爺さんインコを、キャリーに入れ、電車に揺れながら病院に連れて行くリスクと、おそらく、年齢的にも精神的にも大きな検査は無理だろうし・・・などと考えると、

このまま、「ぐりん兄さん命!」の弟「くりん君」の側で、最後を看取ってあげた方が・・・と判断しました。

7ff98dcc.jpg

d1979352.jpg
2014年8月11日 まだまだ全然元気でしたよ。


e19606f5.jpg
亡くなる前日2014年9月4日 
ぐりん兄さんの側を離れようとしない「くりん君」


家で看取ったこと、

それで良かったのかどうかは分かりません。

お薬あげたら、最後までご飯を食べられたのかも・・・とか、、いろいろ考えてしまいます。

65a0dff2.jpg
2014年9月5日、亡くなった日の夜、
りんご&ピクリ親子が、ぐりん兄さんを探すようにくりん君のケージに集まりました。


今、Mitsukoママは心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。、

19年近く、長い間、Mitsukoママの側で暮らしてくれたこと、本当にありがとうね。

両親のポポ爺、ぷく婆始め、かつての王国のメンバーにやっと会えるね・・・

たまに、夢の中ででも会いたいな・・・

ポポ爺、ぷく婆と一緒にさ、、、