続 ポポちゃん王国

18歳と17歳で共に虹の橋に旅立ったコザクラインコの 初代「ポポ」と
ボタンインコの「ぷく」夫妻が創ったラブバードの王国。

世代交代しながら、今も楽しく暮らすラブバ達の日常物語です。

(画像はクリックすると大きくなります。)

2011年06月

大きくなった!

おチビちゃんは、順調にスクスクと成長しています。羽の色もはっきりしてきて、お顔を見ていると、どちらかというと、小さい時のりんご父さんにそっくりです。 (*^ω^*)ノ彡

実は、もうひとつお知らせがあります。 おチビちゃんが孵化したのは5月21日ですが、その前日(5月20日)、数年ぶりに、実家の近くのペットショップに行ってみたのですが、やはり!出会ってしまったのです。

その日に静岡から来たばかりという、ポポと同じタイガーチェリーの小さな小さなコザクラちゃん。即決で連れ帰ってしまいました。今育てている1号ちゃんとは、ちょうど1ヶ月、コザクラちゃんの方が年上で、これまた、かつてのポポ&ぷくと年廻りが一緒なんです。 

ポポの小さい時にそっくりで、感激!ひとしおで連れ帰ったのですが…… 

このコザクラちゃん、ナント!女の子疑惑が…というのも、連れ帰った当日、やっとエビが出てきたぐらいのおチビちゃんだったのですが、私の顔を見て、大口を開け威嚇したんです~~…ショック!!! それにしても、コザクラ女子は、何度か挿し餌から育てた経験があるのですが、あんなに小さい時から威嚇するコは初めてです~~… [E:weep] 

もしかして、中身はぷくちゃん?と思ったほどでした。 

  

 

今回は、コザクラちゃんのご紹介と、ボタン1号ちゃんの成長記をダイジェストでご覧下さい。

  

fd3c0281.jpg

5月23日

生後1ヶ月ぐらいですな。

 

 

 

 

6d4b830e.jpg
 

 

6月2日

お外であちょびたいの…

 

 

 

585546c4.jpg

6月20日

すっかり一人前のコザクラちゃん。でも鳴き声は、まだまだヒナヒナ声で可愛いです。

この顔、やっぱりポポそっくり!( ^ω^)

 

 

 

 

 

そして、前回の続き、1号ちゃん成長記です。

325e58c8.jpg
 

6月13日

もしかして、りんご父ちゃんみたいなブルボ?(ワクワク!!!)

 

 

  

31a8c9e8.jpg
 

6月15日

なんかいるにょ? 

 

 

 

 

187a1d48.jpg
 

 

おっかいよ~~

え~ん、え~ん…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 

 

fa210d5d.jpg
 

6月18日

エヘッ! 

ブルボじゃなくてルリボだよ~。

  

 

 

25962267.jpg
 

 

 

ね~~、、、

 

 

 

975a172b.jpg

 

6月21日

孵化後ちょうど1ヶ月となりました。

大きくなったね!!(^^)!

 

 

 

0028604f.jpg
 

6月22日

おかあたん、おとうたん、

元気に育ったにょ!

 

 

 

e2581773.jpg
       

 

本日、6月23日

エビもしっかりしてきたね。

 

 

 

 

 

 

そして最後に、本日(6月23日)、一応名前が決まりました。  

ボタンのおチビちゃんは、 ププ(Pupu) 

コザクラちゃんは、 もし女の子なら ポッポ、 そして万が一、男の子ならば 2代目ポポ(Popo) を襲名します。( ^ω^ )

なぜなら… 

8b18abb0.jpg
 

c906fd4b.jpg

既に こぉ~~んなに仲良しなのです。(#^.^#)

Mitsukoママ的には、コザクラ男子、ボタン女子 であってほしいのですが…

そんなにうまく行くわけないっか… ( ´・ω・`)

愛しいおチビちゃん…

5月21日、りんごとピクリの子供1号ちゃんが無事孵った時、りんご父ちゃんとピクリ母ちゃんは、小さな小さなおチビちゃんを愛おしそうに、ふたりでクニクニナデナデしていたのをMitsukoママは目撃していました。そして、5月25日に2号ちゃんが孵った時も、ご飯を一生懸命食べさせていたのです。私が見た限り、アクシデントの中、孵ったこのちびっ子ふたりは、とても健康なヒナヒナでした。それなのに、2号ちゃんは、翌日26日に亡くなってしまったのです。

5月26日、ちびっ子達の声が聞こえないことで心配になり、ピクリ達をケージの外に出して巣箱を覗いてみると、2号ちゃんの姿はありませんでした。 ドキッとしてピクリが一生懸命、木を削って作ったオガクズのような巣草の中を探してみると、そこに埋められた2号ちゃんを見つけました。2号ちゃんのそのうには、ちゃんとご飯が入っていました。

2号ちゃんの死は何が原因だったのか…。

それは、やはり抱卵中に発生したワクモ…

前回のブログで書いた通り、ピクリ達が使っていたものは、巣箱に至るまでケージごと全て処分をして、新しいものに換えたのですが、りんご&ピクリの身体に付いていたワクモが巣箱の中で、またもや増殖していたのでしょう。当然、それは、私も分かっていたのですが、卵の状態の時ならば、巣箱を変えてもなんとか抱卵を続けてくれましたが、ヒナヒナが孵ってしまった今、また巣箱を換えることは、かなりのリスクがあると判断し、そのまま両親に任せるしか方法が見つかりませんでした。

ピクリは、一生懸命おチビ達をワクモから守っていたと思われるのですが、なにぶん、極小で数の力で襲いかかる憎き害虫、孵ったばかりのチビッ子は、ワクモの吸血でショック死したのかもしれません、。

私は、このままでは1号ちゃんの命も危ない…と思いました。 ただ、まだ孵化後5日しか経っていないヒナヒナを取り上げて私が育てるには、これまたリスクが大きい…24時間、目が離せないし、仕事にも連れてゆかなければなりません…と、私の都合はともかく、この時期のヒナヒナは、お母さんが片時も目を離さず、暖かい母鳥のお腹の下で守られながら、ヌクヌクとひたすら眠っているのです。 私にそれが出来るのだろうか…

何も出来ない自分をもどかしく思い、深く悩みながらも、毎日、ヒナヒナの声の確認と、そのうの状態をチェックしながら見守ることしかできませんでした。

そして、3日が過ぎた5月29日深夜、正確には、0時を過ぎていたので、5月30日、1号ちゃんの声が聞こえない…嫌な予感がして、巣箱を確認すると、やはり!ヒナヒナの姿がない… 急いで巣箱の中を探ってみると、2号ちゃんの時と同じくオガクズの下にいるちびっ子を見つけました。

私は、泣きながら小さな小さなヒナヒナを手に取ると…ナント!弱々しくではありましたが、かろうじて手足をバタつかせたのです。

「生きてる!」 その瞬間、こんなに一生懸命生きようとしているこのおチビちゃん私が必ず立派に育ててみせる!と決心しました。

そのうには、パンパンではないにしろ、少しご飯が入っていましたが、鼻の穴はふさがってしまっていたし、あと少し発見が遅れたら、2号ちゃんと同じ目にあうところでした。

 

両親である、りんごとピクリは、本能的に「このコは、育たない…」と判断したのでしょう。それは、孵化後8日も経っているのに、ほどんと成長していないこの1号ちゃんの姿を見れば、私にも理解できました。

つまりは、悪循環だったと思います。 孵化したばかりの時は、とっても健康で、お腹がすけば、両親にご飯をせがみ、ピクリ達も一生懸命ご飯を運んでいました。しかし、ワクモのいる巣箱の中で、ワクモは、ヒナをも襲い、襲われたヒナは、元気がなくなり、両親に対して食事の要求も弱くなる… 

皆様もショップで買ってきたヒナヒナに給餌をする時に経験があると思うのですが、元気なヒナッ子は、大声を張り上げ、空腹を大きくアピールしながらご飯にパクつきますよね。

親鳥にご飯の要求をしなくなったヒナヒナは、生きて行けない。そう判断し、卵の産み直しなどの行動に移るのが親鳥としての本能なのでしょう。 当たり前の行動だと思います。

  

こうして、りんご&ピクリの巣箱はワクモもろともさっさと廃棄し、赤ちゃんのみ私が引き取り、現在育てております。 

こんなちっちゃいコを育てるのは、初めての経験ですが、今は、ずいぶん元気になってくれて、とても食欲もあるし、今日現在(2011年6月9日)驚くほど大きくなりました。[E:happy01]

  

  

5dbd3db4.jpg
 

5月30日 引き取った当日、

フォーミュラーをゴクゴク飲んでくれました。

 

    

 

b17ec29d.jpg
 

ふやかした粟玉も数粒、食べてくれた!

元気出せ!!!!

(食滞を起こすので、こんな時期に人口餌でシードを入れるのは危険です。)

 

 

8e4f382e.jpg
 

 

 

おかあた~ん、おとうた~ん、

え~ん、え~ん… (つд⊂) 

 

 

f37c1f4a.jpg
 

6月1日、 

ピクリ母ちゃんに会わせてみました。 

ピクちゃんは、自分の子供だという自覚はあるみたいです。

定期的に会わせていますよ。

  

4854b2b1.jpg
 

 

6月3日、

随分大きくなった!

満腹! 

  

 

2b7637e0.jpg
 

 

6月6日、

ひたすら食べて、寝る!

早く大きくなぁ~~れ!![E:confident]

 

  

76f2542e.jpg
 

 

 

6月7日、

オメメが開いた!  

 

 

  

eaec2e51.jpg
 

 

 

ハゲ怪獣じゃないもん! 

 

  

 

4becdedd.jpg
 

 

6月8日、

ピクリ母ちゃんは、やはりナデナデしてくれましたよ。(o^-^o) 

 

 

3ba1f9c5.jpg
 

 

 

黒っぽい羽が生えてきそうですね!

何色になるのか楽しみです!( ^ω^ )

 

 

 

3280be1f.jpg

                本日(6月9日)のおチビちゃん。

 

 

今、私は、何日も何日もワクモに襲われながらも、一生懸命卵を温めて、無事このコを孵し、こんなに可愛い、赤ちゃんを私に与えてくれた、りんごとピクリに心から感謝しています。 とりわけピクリは、とっても辛かっただろうな……と思うと涙が出てきます。 2号ちゃんは、助けられなかったけど、ふたりの代わりにMitsukoママが頑張るからね!

 

最後に、2011年5月21日に、この世に生を受けてきたこのおチビちゃん、

5月21日は、ポポの四十九日でした。偶然とは思えない…

記事検索
ブックマーク&RSS登録
Amazonライブリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ