あっという間に2月も終わり。またまたご無沙汰してしまいましたが、皆様も鳥さん達もお元気ですか? 少~し寒さも和らいできたかな。私は寒~~い真冬が大好きなので、ずーっと寒くても全然平気なんですけどね。 

先日、ポポ爺とフー太は、月に一度の検診で横浜に行ってきたのですが、フー太は、1年半ぶりにクリプトが検出されてしまいました。1年半も異常無しだったのに… もしかしたら、完治?なんて、淡い期待をしていたのですが… 甘かった! 

ということで、2週間、抗クリプト薬を飲ませることになり、1週間分のウン○を集めて病院で検査をしてもらうことになりました。こちらも2年ぶりぐらいですねー。やはり、この病気の完治は難しいのでしょうね… 

そんなフー太もいつの間にやら11歳を迎えてしまいました。見た目は、まだまだ青年ですが、クリプト持ちでも、とても元気だし、明るい性格なので助かります。

bfd4bf2c.jpg
   

僕、ヤダナ~。 

こんな風に、赤ちゃんみたいにオクルミにくるまってお薬飲ませられるんだよ。恥ずかしいよー。(フー太)

 

  

  

c1584a5d.jpg
 

 

僕だって毎日こうやって飲んでるよ。(ポポ爺)

 

  

 

 

 

さてさて、2月26日(土)に、ピクリが卵を産んだんです。 りんごも張り切って交尾に励んでいるので、順調に行けば、桜の咲くころには可愛いボタン子達が誕生すると思われるのですが………

ただ…、、、巣箱を設置前に、いつものお気に入りの巾着の中で巣作りをしてしまい、一個目は、その巾着の中で産んでしまったのです。そのため、このまま、巾着の中で抱卵、子育てをさせてしまおうかとも思ったのですが、中は狭いし、衛生的にも良くないし、更に、ピクリは初産なのでかなりのリスクがあると判断し、思い切って、2個目を産む前に、急ぎ巣箱を設置しました。

案の定、ピクリは初めて見る大きな木の箱が怖いらしく、最初は全く巣箱に近寄ろうともしませんでした。 更に、彼女は、今は亡きボタン女子の「ばぶちゃん」と同じく、紙切りがチョー下手…(;ω;) 

発情していても、セッセと紙切りをして巣に運ぶわけでもなく、齧り棒の木をガリガリするわけでもなく、ただただ、お気に入りの巾着にもぐって産卵してしまったのです。それでも、巾着の中では、抱卵を初めていたのですけどね。私の顔を見るとすぐに、飛び出して来てしまい、遊ぼ!遊ぼ!と主張します。(´;ω;`)ウウ・・・

68b38906.jpg
 

 

Mitsukoママは、ボタンのお父さんは初めての経験だから、僕がちゃんとお父さんになれるかも、すごーく心配してるんだよ。(りんご)

 

 

 

ce7cd796.jpg
 

 

この中で産んだ卵は、ちゃんと、抱っこしてたわよ~。

でも、まだアチョビたいの… (ピクリ)

 

 

 

 

今日、28日、無事2個目を産んでいたのですが、やはり、巣箱の中ではなく、ケージの隅に産んでしまっていました。 ただ、巣箱には、入ってくれるようにはなった様子なので、とりあえず良かった!、と思ったのもつかの間…肝心の卵は、抱いてはいない様子で、巣箱の中二階の踊り場の上で座ったり、くつろいだりしているみたいです。(つд⊂)エーン

(余談ですが、ぜ~~ったい!昔の巣箱の方が良かったぞ!巣箱に二つも踊り場はいらん!!!)

ピクリは、まだ1歳と4カ月あまり、まだ母鳥になるのは早過ぎたかな…、

今回は、失敗する可能性もあるのですが、今年中には、きっと可愛いヒナヒナ誕生となると信じています。

5dd21200.jpg
 

トトウリママも「神様にお任せします。」って言っていたので、Mitsukoママも なが~い目でみることにします~~。  人( ̄ω ̄;)