続 ポポちゃん王国

18歳と17歳で共に虹の橋に旅立ったコザクラインコの 初代「ポポ」と
ボタンインコの「ぷく」夫妻が創ったラブバードの王国。

世代交代しながら、今も楽しく暮らすラブバ達の日常物語です。

(画像はクリックすると大きくなります。)

2017年前半「鳥さん会」

あっという間に2017年も半分過ぎちゃいましたね。

実は、2015年にお迎えした4羽のコザクラーズ、わずかな希望も虚しく、
絶対女子!と思っていた「カレン」ちゃん!
立派な男子と決定!ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

 毎日毎日、ゲロ山を積み上げるのが趣味のような
少々異常と思えるほど、
精力ギンギンのギラギラ男子でした! ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

IMG_0810-1
シオン&みかん
IMG_2528-1
もみ&カレン

4羽全員男子だった・・・
それぞれ仲良しだし、性格も良いからいいけどさ、、、
でもさ「きっこ&クッポ」みたいなコザクラ ツンデレ女子も恋しい今日この頃・・・

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

さて、ここからは2017年前半の『鳥さん会』ダイジェスト画像です。
(画像クリックすると大きくなります。)

『美声インコ(女子)のみもちゃんと』

IMG_0617-1
IMG_0634-1
みもちゃんとみかん、全体的な配色がソックリ!
IMG_0605-1
ピクリとみもちゃん、女子同士で威嚇!
IMG_0523-1
ほっぺとみもちゃん。(^_^;)
IMG_0765-1
ポポ&ププ、もみ&カレンとみもちゃん
IMG_0671-1
この「みもちゃん」のお顔、可愛い!何見てるの?
IMG_0782-1
IMG_0783-1
ここちゃんの兄姉「こまめ&てまり」と、
ここちゃんにそっくりのためか? みもちゃんは威嚇もせず落ち着いています。
IMG_0642-1
ラブバ達と洗濯ハンガーの上でくつろいでいました。
随分慣れたね〜〜。
IMG_0655-1


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


『粟穂は美味いぞー。』
IMG_0424-1
珍しく、ここちゃんとミモちゃんのツーショットが撮れました!(^^♪
IMG_1470-1

IMG_0689-1
ポポ&ププ
IMG_0690-1
こまめ&てまり
IMG_0750-1
プッペ&ほっぺ
IMG_0623-1
シオン&ミカン
IMG_0763-1
もみ&カレン
IMG_0695-1
僕も粟穂食べたいな・・・(りんご)
枝を全部細かく切るからちょっと待っててね!(ピクリ)
IMG_0425-1
まだかなぁ~、、、(りんご)
IMG_0696-1
早く食べたいよー、、、
(背伸びしてるりんごちゃん。(^_^)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

『ここちゃんのお気に入り』

IMG_0788-1

IMG_0660-1

IMG_0755-1

IMG_0704-1
姉のてまりと睨み合い。
IMG_0771-1
怖いもの知らずの もみ&カレン
ここちゃんお気に入りの場所に行き、
この後ここちゃんに怒られていましたよ。^m^

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

『トトちゃん&ウリちゃん』
いつもラブラブです。

IMG_2582-1

IMG_0540-1

IMG_0802-1

IMG_0795-1

IMG_0800-1

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

IMG_0674-1

IMG_0768

IMG_0677-1

IMG_0594-1

IMG_0618-1
僕シオン、いつも僕たちを見に来てくれてありがとう。
次回は、Mitsukoママからニュースがあるって。
いつになるやら・・・(;''∀'')

ほっぺちゃんの卵

IMG_1924-1

4月にほっぺちゃんが発情していて、当然産卵の状態になっていたのですが、

今までのほっぺちゃんは、ピクリ母さんに似て安産型で、きっちり1日起きに無事全て産み終え、特にトラブルが起きたこともありませんでした。

しかし、今回、最初の卵が既に固くなっているにも関わらず、3日経っても出て来ず、心配になり、産婆 Mitsukoママになり、ほっぺちゃんを抱っこして産ませようとしたのですが、今回は、異様に思うくらいイヤイヤをして、自分で産むから!!と言っているようでした。

それで仕方なく、明日朝起きたら産んでいてね。と言って、暖かくしてその日は寝かせました。
翌日、Mitukoママはお休みだったので、すぐにほっぺちゃんの様子を見に行くと、

まだ卵の姿は無く、、ただ、元気も食欲もあったのですが、
さすがに、4日は危険と思い、またまたほっぺちゃんを抱っこし、

もう産まなきゃダメだからね!と言って、

お腹をマッサージしてあげていました。
そのうち、力み出したので、ほっぺちゃんの呼吸に合わせて、卵を優しく下に押すようにマッサージを続けました。
既に、下から白い卵が顔を出しているにもかかわらず、なかなか出て来ません。
さすがに『ちょっとヤバいかも・・・』と思いながらも、ここで産まなきゃダメだから!!
とほっぺちゃんに声をかけながら、お腹をさすり続けました。
そして、やっとポロン!と 卵が落ち、
その卵を見て、ビックリ、、、

通常、卵というのは、皆さんもご存知の通り、上が尖ったような形で その尖った方から下に落ちて来ます。しかし、今回、ほっぺちゃんがやっと産んだ卵は 米俵のような形をしていて、尖りがありませんでした。 その為、卵が固くなっているのに、自力で自然に産めなかったようでした。

でも、取り敢えず Mitsukoママがお手伝いしたものの、
自力で産んだ!! (^-^) 『よく頑張ったね!』と言って、
プッペ兄ちゃんの待つ、ケージに戻しました。
tamago1-1
綺麗な卵ですが、上にトンガリがありません。


しかし・・・ほっぺちゃん、

背眠して元気がない・・・

もしかして、すごーく!!力んだので、お腹のどこか傷つけたのだろうか・・・

心配で、またまたほっぺちゃんを抱っこしてみると・・・

さっき米俵のような卵を産んだばかりなのに、

まだお腹に固い卵があるのです。

これは・・・!!!

最初の卵が4日もお腹にあったので、2個目の卵もお腹の中で固くなってしまったようでした。

ということは、昨日の夜から今朝にかけて、あんなに小さな身体の中に
大きな固い卵が2個もあったということ・・・

一刻も早く、もう一つも出さなきゃ、
でもさっき米俵のような卵を力いっぱい産んだばかり。

少なくとも、半日ぐらい休ませなきゃ!と思い、取り敢えず、暖かくして、安静にさせました。

午後・・・

ほっぺちゃん!もう一度、頑張ろう!と声をかけ、

抱っこして産卵体勢をとらせ、またまたお腹をさすってあげました。

すると、今回は、それ程嫌がらず、力み出しました。

しかし・・・・

最初の卵のように下から白い卵が見えているのに、全く出て来ません・・
ほっぺちゃんも「イ~、イ~、」と声をあげながら力んでいます。
あんまりにも出てこないので、
Mituskoママは、神様に必死でお願いしてしまいました。
『神様!!!どうかほっぺちゃんに力をかしてください!!!」と・・・

そして、やっと!やっと!ポロンと落ちました。

産んだ卵を見て、更にビックリ仰天!

卵の下側というのだろうか、まあるく膨らみ過ぎていて、
まるで『玉ねぎ』のような形をしていました。

だから・・・1個目より更になかなか出て来なかったのね・・・

1個目 『米俵』、2個目『玉ねぎ』
両方、ボタンインコの卵としては、かなり大きかったです。
大きい上に変形していた・・・

IMG_2059
左-1個目の卵、右-2個目の卵

tamago3-1
真ん中の卵は、同時期、お泊りに来ていたトトちゃんの卵です。
(真ん中のトトちゃん卵がボタンインコの正常な卵ですね。)

ほっぺちゃんの卵との違いが判ります。異常に大きいです。

IMG_0225-1

一生懸命頑張って産んだほっぺちゃん・・・

もともと、ペローシスがあるほっぺちゃん、普通のコに比べると、あまり足に力が入りません。
なので、卵がこんな風に変形してしまうと、
自力で産むのは至難の技なのでしょう・・・

IMG_1858-1

でも、頑張った。
Mitsukoママはほっぺちゃんを抱きながら泣いてしまいました。

Mitsukoママを信頼して手の中で産んでくれたほっぺちゃん、
大好き!!

IMG_0601-1

IMG_0770-1

IMG_1357-1

IMG_0759-1

現在は、何事もなかったように元気いっぱいなほっぺちゃんです。

『卵詰まり』は命にかかわります。
体内で卵が固くなっているにも関わらず、3日も出てこない場合は、
必ずお医者さんに連れて行って下さいね。

飼い主が産婆さんになるのは、通常不可能です。

IMG_0790-1
私は、今のところ産卵トラブルの経験はないわ~(ピクリ)
俺あ、いつも何の役にも立たないな。(りんご)

こまめのエリカラ

すっかりご無沙汰してしまいました。
いつの間にやら3月も終盤・・・

王国のみんなは元気いっぱい、食欲も旺盛で変わりなくご機嫌に暮らしています。

IMG_8790-1

さて、今回は、ヤエザクラインコの「こまめ」の自咬について、

同居している妹「てまり」とは、卵の時代から一緒にいるので、基本仲良しなのですが、なんたって、典型ラブバ女子のてまりさん、女子ということもあるし、コザクラの血が濃いタイプなのか、身体が大きな、大きな鳥さんです。
IMG_1653-1
それにひきかえ、ボタン系の血が濃い様子の こまめ兄さんは、てまちゃんより一回りぐらい身体が小さいです。しかし、筋肉はしっかりしていて、決して痩せてはいません。 人で言うところの「細マッチョ」の典型です。

基本的には、ふたりはとても仲良しなのですが、こまめとてまりが並ぶと身体の大きさが全然違うためか、大きなてまり姐さんは、何か気に入らないことがあると、
こまめに当たり散らします。

その都度、こまめ兄さんも男のくせに^^; 痛くもないのに、キャーキャー大声をあげながら逃げ回るのです。てまりにとっては、それもストレス解消になるのか、こまめが逃げると更に追い回し、大騒ぎしています。
IMG_8775-1
そんなことが日常茶飯事なヤエザクラインコのこまめ&てまり、

こまめ兄さんは、それでも若い頃は、動作も俊敏だったため、追いかけられても、そこそこ逃げ果せていたのですが、やはり、高齢になってきた今(ふたりとも今年5月で11歳)、動きたくもない時にてまりが暴れるので、相当なストレスとなってきたのか、昨年から自分の右肩を齧るようになってきました。
IMG_0434-1
毛引きなら全然気にしないのですが、
自咬になってしまうと、大きな傷になるので、対処が必要です。
そこで、去年、横浜の病院に連れて行って、ゴム製のエリカラを作って頂いたのです。

当初、神経質なこまめ、エリカラなんか付けると、嫌がってご飯も食べなくなってしまうのでは・・・と心配したのですが、いざ付けてみると、全然嫌がらず、
ゴム製なので、、エリカラ自体をガムのようにカミカミすると噛みごこちが良かったのか、遊びのひとつになったようで、案外ご機嫌でした。
IMG_2650-1

IMG_2724-1
更に、てまり姐さんに至っては、チビッコこまめ兄さんが大きく見えるのか、側に来て優しく毛づくろいをしてくれるのです。穏やかで優しいてまり姐さん!
こまめ本鳥もエリカラは気に入っている様子にホッとひと息、、、 

しかし、安心したのも束の間、
こまめは、エリカラ自体をカミカミしながら、千切ることを覚えてしまいました。
彼にとっては、これも楽しい遊びのようなですが、そのため、エリカラが↓ のようになり、
IMG_2039

IMG_2038
真ん中の首を通しているところを大きく広げ、こうなると、3秒ぐらいで自分で取ってしまいます。

最初は、1週間ぐらいもっていたのが、3日でダメになり、そのうち1日になり、今では3時間ぐらいで一枚をダメにしてしまいます。

横浜の海老沢先生に3時間でこうなります・・・と相談し、とりあえず、大量に作って頂いてきたのですが・・・ 
これでは、エリカラがいくつあっても足りない・・・
IMG_2040

IMG_2044

そこで、Mitsukoママは考えた・・・
ゴムの感触は嫌がっていないので、
千切れないゴムっぽい丈夫なエリカラを付ければ、、、と、
ネットで懸命に調べ、辿り着いたのが

「ウレタンゴムシート」 
IMG_2042
これが実に優れものだった! 
ゴムとなっていますが、伸縮性はないので、フェルトのエリカラのように、首の部分に切れ目を入れて装着 させます。

通販で見るとウレタンシートの硬度が「50」~「90」まであって
初めは、どれが適正なのか全く分からず、
とりあえず、お試しで100mm四方の小さなウレタンシート硬度50、60、70、90 と
4種類を買ってみました。 数値が大きくなるほど硬くなります。

硬度90は、固すぎて、首の周りが痛くなりそうなのと、固すぎるため、むしろ噛んで形が崩れてしまいます。

で、一番、病院で作ってもらうゴム製に近い手触りで丈夫なのは、
硬度50!!!
とっても柔らかく、首の部分も痛くならず、とっても良いです。
無い場合は、硬度60、70でも大丈夫です。

↑のエリカラ画像は、すでに2ヶ月間使用していますが、ほぼ変わらずです。

IMG_2728-1
IMG_2743-1
てまり姐さんにもたれながら、気持ち良さそうなこまめ兄さん。

そんなこんなで「こまめの自咬」は、一件落着致しました!(^^♪

最後に、現在「こまめ」は、自咬による傷は治っているので、2,3日ごとにエリカラを取って、思いっきり毛づくろいを自分でさせてから、またエリカラ装着する、ということを繰り返しています。
全く取ってしまうと、また「てまり」に追い掛け回され、自咬をしてしまいます・・・

IMG_0731-1
今回は俺たちの出番はなかったな・・・('ω')
記事検索
ブックマーク&RSS登録
楽天市場
  • ライブドアブログ